メニュー

即日入れ歯の製作・ 1 日でお渡し可能 東京千代田区のすみれデンタルクリニック - 入れ歯は寝るときには?

完全予約制の為、ご予約後にお越し下さい

すみれ日記帳

入れ歯は寝るときには?

カテゴリ: コラム 公開日:2020年07月08日(水)

 

結論は『どちらでもOK』

 

ひと昔前までは、寝るときには入れ歯を外すようにお願いする事が普通でした。

小さな入れ歯の場合、間違って飲み込んでしまう、

衛生面で心配がある、といった理由でしょうか。

 

 

間違って飲み込むというのは、まず飲み込めるサイズの小さな入れ歯で、

さらには金属のバネが合ってなくてゆるゆるな場合だと思います。

当院でお作りする入れ歯はきちんと合った入れ歯になりますので、

外れて飲み込むことは考えにくいです。

 

※注意

まれに高齢の方などで着脱が難しい場合は、

あえて緩く設計することもありますので、

その場合は必ず入れ歯を外してもらいます。

 

 

衛生面という場合は、確かに一理ありますが、

きちんと歯磨きして、入れ歯も洗浄剤でお手入れしていただけば

さほど問題にならないように思います。

 

 

最近は顎関節症でお悩みの方も多いかと思いますが、

入れ歯を入れてお休みいただくことによって、顎の位置が安定して、

顎の痛みが軽減するという事もあります。

 

入れ歯を外して寝ると、

残っている歯に対する負担が大きくなってしまうので、

残っている歯を保護するためにも、

入れ歯を入れた状態で寝るほうがいいです。

 

朝目覚めて鏡の前に立ったとき、

歯がある状態のほうが嬉しい、なんてお話もお聞きします。

 

 

というわけで、

入れ歯をいれて寝てもらう方がいいのかな?

という気がしますので、

当院で入れ歯をお作りいただいた患者様には

入れたままでお休みいただくメリットをお話しています。

 

ただし、一方で入れたまま寝ると

安眠できない、

悪夢を見てしまう、

などというお話も聞いたことがあります。

 

ですから、結論としては、

『いろいろ試していただいて、らくな方・安眠できる方にしてください』

とお話しております。

 

 

 

 

 

入れ歯でお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください

完全予約制の為、ご予約後にお越し下さい

Copyright© 東京即日入れ歯 すみれデンタルクリニックAll Rights Reserved. login