メニュー

すみれ日記帳 - 入れ歯専門 東京即日入れ歯/ 本入れ歯を一日で製作 すみれデンタルクリニック

完全予約制の為、ご予約後にお越し下さい

すみれ日記帳

ボロボロ虫歯からの復活!

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2020年01月10日(金)

20代男性Kさまのケース

 

《来院理由》

虫歯で歯がボロボロになってしまった。一日で入れ歯にしたい。

 

《治療内容》

ボロボロになった歯の頭の部分を削合して、しっかりしている歯にバネをかけて部分入れ歯を作成した。

グラグラで膿が出ている歯は抜歯した。

 

《コメント》

重度の虫歯が多数あり、かみ合う場所がほとんどなく、お食事も大変そうでした。

しかし、根の部分はしっかりしていて、グラグラしていない歯がほとんどでした。

このような歯は、根の治療をしてかぶせる治療も可能です。

 

しかし、根の治療は時間がかかります。

全部の根の治療が終了するのは1年後ぐらいになるかもしれません。

その間まともに噛めない状態が続くのは本当につらいと思います。

 

そこでKさまには、

ボロボロの歯の頭の部分を削合して、根を残したまま入れ歯を装着することを提案しました。

 

まずは即日で、見た目もきれいでしっかり噛める入れ歯を作ります。

その際自分の歯の根を残しておけば、

自分の歯を復活させて、

ゆくゆくはご自身の歯をメインにして食事することできます。

入れ歯のほうは、根の治療やかぶせ物の治療の進み具合に合わせてを調整・修理していきます。

 

Kさまの場合、膿が出ていてグラグラしている歯は保存不可能と判断して抜歯しましたが、

必ずしも、入れ歯にするために全部抜歯しなくてはいけないわけではありません。

 

Kさまは完成した入れ歯を装着して、久しぶりに噛むことができるようになり、

マスクで隠していた口元も20代の若者らしい笑顔になりました。

 

 

 

 

 

八重歯の入れ歯(!?)

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2019年12月18日(水)

60代女性 T様のケース

 

《来院理由》

数年前に作った部分入れ歯を使っていたが、次第に歯が抜けて随時修理をした。

この度、歯が全部なくなり合わなくなってしまったので、総入れ歯を新しく作りたい。

 

《治療内容》

あらためて型をとって総入れ歯を作成した。

 

《コメント》

顎の形は、個人差はありますが経年で変化します。特に歯が抜けると大きな変化がみられます。

作って間もない入れ歯はぴったりとフィットしていたとしても、

 

次第に合わなくなってしまうこともあります。

T様の場合はあらためて型をとり、総入れ歯を作成することにしました。

 

さて順調に進み、ワックスに人工歯を並べた確認用仮入れ歯をお口に入れてみたところ、

T様が何か考えていらっしゃる様子でした。

お聞きしたところ、

 

T様 『入れ歯ってなんだかきれいすぎに歯が並んじゃうのよね…。』

歯医者『歯があったとき、どんな感じでした?』

T様 『私、八重歯があったの。結構すきだったのよねー。』

 

というわけで、あえてT様の八重歯をワックスの確認用仮入れ歯で再現してみました。

 

T様 『そうそう、こんな感じ。いいと思うわ!』

 

患者様のご希望で歯並びをあえて自然に乱すことも可能です。

より作り物っぽくない、自然な仕上がりになります。

 

当院ではワックスの確認用仮入れ歯で入念にチェックします。

仮入れ歯の段階でしたら、いろいろ試してみることができます。

患者様にとって、より理想の入れ歯に近づけるようにがんばります!!!

 

 

若返る入れ歯って本当 ⁉

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2019年11月28日(木)

60代女性 M様のケース

 

《来院理由》

最近、保険診療で入れ歯を作り直したが、以前の入れ歯よりも老けて見える気がするので、

見栄えのよい入れ歯が欲しい。

 

《治療内容》

ほうれい線を目立たなくする設計で、上総義歯を作成。

 

《コメント》

M様は全体的にきゃしゃな感じの方で、お顔も小さく、さらには顎もとても小ぶりでした。

その小さな顎にそのまま合わせた、サイズの小さな入れ歯をお使いでした。

そのため口元のハリが失われ、貧弱な印象があり、ほうれい線も強く出ていました。

残念ながら実年齢より老けて見えます。

 

そこで入れ歯の形を、鼻の下のほうれい線を含む範囲にハリが出るように設計し、

ワックスで作った確認用の入れ歯の段階で実際にお口の中に装着して、

M様ご自身に鏡を見てもらい、確認していただきました。

 

ワックスで作った確認用の入れ歯は成型が自在なので、いろいろなデザインを試してみることができます。

当院では確認用の入れ歯の段階で、患者様に納得のいくまでできる限りチャレンジします。

 

出来上がった入れ歯を装着してもらい、患者様に鏡で見てもらう瞬間はいつもドキドキします。

M様はにっこりとほほ笑んで『今までは嫌だった写真にも、これからは自信をもって写真に納まる事ができそうです。』

とおっしゃってくださいました。

 

当院では最低でも実年齢、できれば10歳若返る入れ歯を目指しています!!

『普通』の入れ歯

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2019年11月15日(金)

40代男性 S様のケース

 

《来院理由》

10年ぐらい前から歯周病治療を受けてきたが、なかなか改善しない。

口臭もひどくなってきた気がする。

しばらくグラグラの歯は固定してもらっていたが、取れてしまったので、

覚悟を決めて入れ歯にすることにした。

 

《治療内容》

グラグラの歯は残せそうにないほど揺れていましたし、かなり出っ歯になっていたので抜きました。

奥歯と犬歯はしっかりしていたので、針金のバネをかけることにしました。

試適の段階で前歯の位置、出具合、バランスをご自身に鏡で見て確認していただきました。

入れ歯を入れることによって、前歯は正しい位置に収まり、唇の形も自然になりました。

 

《コメント》

グラグラの歯は管理が難しく、多くの場合が細菌感染しています。

S様の抜いた歯も歯石が除去しきれなかったようで、感染を起こしていたと思われます。

これが口臭の原因になっていたのですね。

近年は口腔内に歯周病による細菌感染があると、全身の病気の原因になる可能性も指摘されております。

 

自分の歯をできるだけ抜かないで残すという方針はとても重要ですが、

時には決断して抜いたほうが良い場合もあります。

 

お帰りの際S様は、

『普通、ほんとに良い意味で普通、自分の歯みたいに見える』おっしゃってくださいました。

当院では作り物っぽくない、より自然に見える入れ歯を目標にしております。

S様のお話を聞いて、スタッフ一同うれしくなりました。

 

 

 

抜かなくちゃダメ?

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2019年11月08日(金)

50代女性 Y様のケース

 

《来院理由》

前歯が出っ歯になっているので抜歯をして入れ歯を作りたい。

他院で前歯以外も全部抜いて総入れ歯にするように勧められたが、抜きたくないので相談したい。

 

当院では無料相談を行っています。お口の中の状態を拝見して、治療方針を相談してご納得していただいてから実際の治療を始めます。

 

Y様のお口の状態は全体的に歯がグラグラの状態でした。特に前歯は引っ張れば取れそうなぐらいです。

ここまでグラグラになると、さすがに抜くしかありません。

しかし、ほかの歯はぐらつきはあるものの、痛みも腫れもなく、Y様としてはまだ抜きたくないとの思いがありました。

もちろん全部抜いて総入れ歯にするのも方法の一つですが、当院では今すぐには抜かないで入れ歯を作成し、後々グラグラがひどくなった時に抜歯をして入れ歯に人工歯を足す修理をすることも可能です。

 

Y様の場合は、取れそうなぐらいグラグラの歯を2本抜歯して、ほかのぐらつきのある歯は温存して歯がない部分を入れ歯にしました。

 

全部を抜くのには抵抗のあったY様でしたが、納得のいく抜歯を行い、前歯がすっきりと入れ歯になり、笑顔でお帰りいただきました。

 

歯も患者様の体の一部です。愛着があって当然です。

安易に抜くのではなく、また安易に残すのでもなく、患者様にとって本当にベストな治療方針をご提案させていただきます。

 

大変!グラグラの前歯が抜けそう

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2019年10月25日(金)

50代女性。

 

長年、歯周病の治療を続けていたが改善がみられず、

上の前歯のブリッジがグラグラの状態。

入れ歯を使ったことはなく不安もあり、

まずは無料相談希望で来院されました。

 

グラグラの前歯は下の歯から突き上げられて出っ歯の状態になっていました。

口元を隠すために常にマスクを外せないとのことでした。

 

治療方針を説明して、ご本人も納得していただいたので、

作成を進めることになりました。

 

最初にグラグラの前歯のブリッジを抜歯。

止血を確認した後に型取り。

当日中に上下の入れ歯を作成いたしました。

 

入れ歯を装着すると、

出っ歯の状態の前歯は改善して自然な笑顔になりました。

唇を閉じた状態にしても、自然に口角が上向きになり柔らかい表情になりました。

 

『久しぶりにマスクをしないで笑えるわ!!』とおっしゃっていただきました。

これからはいっぱい笑ってくださいね!

 

 

 

寝るときは?

カテゴリ: コラム 公開日:2019年10月11日(金)

『寝るときには入れ歯をはずしたほうがいいですか?』と患者様に質問されることがあります。

 

結論から申し上げますと、『どちらでも』大丈夫です。

 

入れ歯を装着したまま、お休みしていただけます。

装着したほうがあごの位置が安定して、安眠できるようでしたら、装着したままお休みください。

残っている歯で歯茎を傷つけてしまう心配がない、というメリットもあります。

 

一方、装着していると安眠できないようでしたら、はずしてお休みください。

入れ歯のせいで安眠できないのであれば、無理して入れることはないです。

 

どちらの場合でも、きちんと水洗いして、洗浄剤で清潔を保っていただくことが重要です。

 

 

入れ歯製作のあれこれをお伝えします

カテゴリ: コラム 公開日:2019年08月06日(火)
入れ歯製作事例や、入れ歯の選び方に関する情報を、歯科技工士の目線から当コラムで発信致します。 sample_image.png

上総入れ歯の製作

カテゴリ: 入れ歯製作事例 公開日:2019年08月06日(火)

来院理由:

下の左右の奥歯がなく、下の前歯で上で前歯を突き上げていて、上の前歯が前方に倒れてしまっており、出っ歯になってしまったのがコンプレックスになり、人前では大きく笑う事が出来なくなっていた。

 

上の顎のグラグラの前歯を全て抜歯を行いました。前歯はグラグラ揺れている歯だったので痛みもなく短時間で抜歯することができました。舌に邪魔にならず、話しづらくならないように丁寧に前歯を内側に並ぶように調整しました。


以前より、口元がスッキリし、手放しで笑う事が出来るようになり、コンプレックがなくなった。これからの人生が明るくなりましたと、おっしゃっていただきました。

上唇より上の歯が前方に突き出ていたので解消する事が第一希望でした。
患者様ご自身で 鏡を見て確認して頂きながら、話し方は大丈夫か確認しながら調整に時間をかけました。

口元がスッキりし、笑うことが出来るようになることで性格が明るくなる。
噛める事や、自分に合う入れ歯を作る事はその先の人生にも価値があるということですね。

入れ歯でお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください

完全予約制の為、ご予約後にお越し下さい

Copyright© 東京即日入れ歯 すみれデンタルクリニックAll Rights Reserved. login